ボディメイクにおすすめサプリ『HMB』

2021/05/28 ブログ
logo

ボディリフレクション高田馬場・東池袋でパーソナルトレーニングジムを運営しているお水です

 

近年の筋トレブームで、身体づくりのサポートするサプリメントとしてプロテインBCAAはすっかりメジャーな存在になった感があります。ですが、EAAクレアチン、そして今回ご紹介するHMBを知らない方は、まだまだ多いのではないでしょうか。

 HMBも、筋肉の合成を助けるサプリの一つ。理想の身体づくりをサポートしてくれる存在です。

 

HMBとは、、

必須アミノ酸である「ロイシン」が体内で合成する物質のこと

 

HMBの効果は、「筋肉の合成促進」と「筋肉の分解を抑えること」です。

 

1日当たりに体内で生成されるHMBは0.2~0.4gほど。ところが、筋肉の合成促進・分解抑制効果には、1日に3gのHMBが必要であることが報告されています。ロイシンの約5%がHMBに返還されるようで、HMBを3g摂取するためには、60gものロイシンが必要となるわけです。

 ロイシンは肉や魚、チーズ、ヨーグルトに多く含まれていますが、食物から60g摂取しようとするとカロリーオーバーになりかねません。

 

HMBには2種類あります!

 

1.HMBカルシウム

 ほとんどのHMBサプリが、カルシウムと結合した「HMBカルシウム(HMB-Ca)」を使用しています。そしてHMBに関する研究のほとんどが、「HMBカルシウム」で行われており、現在の主流となっています。摂取後1~2時間かけて、血中濃度がピークに達します。

 

2.HMB遊離酸

 もう一つは、吸収の早い「HMB遊離酸(HMB-FA)」です。HMB-FAは摂取後わずか30分ほどでピークに達します。ただし製品数が少なく、高価です。

 

飲み方のコツは、1日数回に分けて飲むこと

 HMBは一般的に、1日当たり3gの摂取が適量とされています。ただし、一度にたくさん飲むと体内で吸収しきれずに、尿から排出される傾向にあります。ゆえにHMBの飲み方を工夫して、数回に分けて飲むと良い

 

飲むタイミング1:トレーニングの1~2時間前

 

飲むタイミング2:就寝前

 

トレーニング前、就寝前に、それぞれ1.5gずつ摂取するとバランスがいい摂取方法だと思います。

 

プロテインなどもそうですが、一気に摂取したところで体で吸収できなかったり、支えきれなかったものは体から排除され出ていきます。

少しでも多くの成分が体に取り込まれるように、タイミングを覚えて摂取していきましょう!