『シックスパック』作りに最適!基本の3種目

2021/05/18 ブログ

ボディリフレクション高田馬場・東池袋でパーソナルトレーニングジムを運営しているお水です

 

季節もどんどん夏に近づき、気温も上がり薄着になり始めている今日この頃。

夏に向けた体の引き締め準備はいかがでしょうか?

今からやっても夏には間に合います!しかし、トレーニングでも食事でもしっかりポイントをおさえてやらないとなかなか短期間で効果は難しいです。

今回は、気になるお腹まわりを引き締めてシックスパックを作っていく基本エクササイズの紹介です^ ^

これからお伝えする3つのエクササイズをしっかり行えればシックスパックはドンドン形成されていきます!

是非これで覚えて、外にあまり出れないこの時期に自宅でガッツリと追い込みをかけてください!

 

それではシックスパック作りトレ 基本編

 

1つ目 クランチ

このトレーニングは腹筋上部のあたりを作ってくれるトレーニングです。

やり方(セットポジション)

 

 

両脚を上げて膝90度の角度まで曲げて、両手は頭の後ろで組み肩甲骨が少し床から離れるくらいのところからスタート

 

 

肘が膝につく。もしくは着くように状態を上げ、肩甲骨全部が床から離れるように体を持ち上げていきます。

 

この動きを反復して行なっていきます

 

回数、セット数

10〜20回 、 2〜3セット

 

自分の体力に合わせて回数セット数は徐々に上げていきましょう!

 

2つ目 レッグレイズ

このトレーニングは腹筋の下部あたりを作っていくトレーニングになります。

 

やりかた(セットポジション)

 

 

両手は体の横、両脚を上げ膝を90度くらいに曲げ固定させます。ここからスタート

膝を自分の顎、顔あたりの方向に引き寄せるようにして上げ、お尻と腰が少し床から離れるくらいまで引き上げます。

 

この動きを反復して行なっていきます。

 

回数、セット数

 

10〜20回 、 2〜3セット

 

3つ目 アブツイスト

この種目は捻れ系の種目で、お腹の横あたりを作っていくトレーニングです。

 

やり方(セットポジション)

両膝を曲げ片方の脚は反対の脚に乗せてあぐらのように開きます。手は開いてる脚とは反対の手を頭の後ろで組み対角の動きになるようにします。頭を持ち上げてお腹が固まったところからスタート

肘を開いている脚の膝に目掛けて斜め上の方向に体を上げていきます。反対の手は床、お腹あたりに置いて体を安定させておきます。

 

この動きを反復して行なっていきます。

 

回数、セット数

 

10〜20回 、 2セット

 

さあ、シックスパック作りトレ 基本の3種目!

 

皆さん出来そうですか?!

 

あとはやるのみ!です。

 

基本的には腹筋は毎日やってもオッケーです!空き時間に5-10分設けてガンガンやっていきましょう!

 

お腹がみるみる変わっていくこと間違いなしです^ ^

 

ボディリフレクションでは無料カウンセリングた各種体験もご用意しておりますので、自分ではうまくできない、わからない方が一度お問い合わせ頂ければと思います!

 

それではカッコいい腹筋作り頑張っていきましょう