東京パーソナルジム 食べた物が脂肪になるのは2週間後?!

2018/07/15 ブログ

こんにちは!

東京パーソナルジムボディリフレクション 筋トレ女子 &リンパダイエットセラピストのRieです。  

 

食べ過ぎたら翌日には脂肪になっちゃう!

そう思いがちですよね。

 

確かに食べ過ぎた翌日には体重が増えていて、後悔がつのる。。。

しかしそれは、ほとんど水分! むくみですね!

 

じゃあ、いつ脂肪になってしまうかというと・・・

 

それは食べてから約2週間後と言われています ❗

 

 

という事は。。。食べ過ぎてしまっても、その後の2~3日間調整すると脂肪を溜めなくて済むという事です♬

 

食べた物がどのように脂肪になるかというと、

食べた物のカロリーは腸に入ってエネルギーとなります。

食べ過ぎてしまった余剰分は糖分として肝臓で蓄えられるのです。

蓄えられる量以上に食べ過ぎてしまうと、その分が脂肪細胞となってしまうのです

ですから少しの食べ過ぎであれば、肝臓で蓄えられているうちに 燃やしてしまえば

なかった事となるのですね。

 

そんな時はトレーニング、有酸素運動、そしてリンパケアで代謝を促すのが一番!

 

調整の仕方は・・・

食べすぎてしまった場合は一度18時間くらいの間、食事を抜く事です!

 

えっ!18時間と思ったあなた!

例えば前日の夕食を食べすぎてしまった。そうしたら翌日の朝と昼を抜くとGOOD ❗

お腹が鳴っても一度我慢!

そこから少し経つと本当の空腹が訪れます。

その時に食事しましょう。

 

どか食いしてしまったら、一度空腹に耐え、胃腸への負担も減らしてから、また身体に良いバランスのとれた食事をしましょう

 

東京パーソナルジムボディリフレクションでは、無料カウンセリングやおすすめ2回体験を実施中

 

是非ご体感ください