食べていないのに痩せない人の3つのなぜを解明!

こんにちは。ボディリフレクション高田馬場パーソナルトレーナーのMです。

 

「そんなに食べていないのに痩せない」、、、

痩せないにはしっかりと理由があります。“太る、痩せない原因”は、カロリー過多、運動不足、代謝低下などさまざまです。

原因をきちんと知って効率よくダイエットし、健康的なすっきりボディーを目指しましょう。

 

1.1食抜いているのになぜ?

朝昼晩に規則正しく食事をすると血糖値は安定しますが、食事を抜くと次の食事で急激に血糖値が上がり、その反動で急激に下がって空腹感が増すことになります。

食事を抜く生活が続くと身体が飢餓に備えて脂肪を蓄え、見た目では分かり難い内臓脂肪過多の

『かくれ肥満』を招きます。

 

2.食べる量を減らしているのになぜ?

食事の量を減らしても、痩せないどころか太ってしまうことがあります。野菜中心で肉や魚など動物性の食品は食べないようにしているのに痩せないという人は、たんぱく質不足で筋肉が消耗し、代謝が落ちてカロリーが燃焼しにくくなっているのかもしれません。

 

3.炭水化物は食べていないのになぜ?

炭水化物を抜くダイエットは慢性的な糖質不足を招き、飢餓に備えるスイッチが入った状態になってしまいます。

摂取カロリーを減らしても、脂肪の代わりに筋肉や内臓のたんぱく質が分解されエネルギーとして使われるようになり、体脂肪がかえって増えてしまうことになります。

 

体に最低限必要な栄養を取らないと、かえって痩せづらく太りやすい体型になりモチベーションもより下がり、負の連鎖に陥っていくので、

食事は適量に抜かずに、バランスよく摂取していきましょう!